2007年03月12日

コインパーキングでクレカ払いの割合を高める節約術!(その2)

昨日の続きです。

「名鉄協商パーキング」のおススメポイントは次の通りです。

名鉄協商パーキング → http://www.mkyosho.co.jp/parking/

・名古屋市には、駐車スペースがそこそこある。
・料金は一般的。
・プリペイド方式だけど、その分割引がある。1万円でプラス1,500円(15%引き)。
・使用済み券10点(約5万円分)で5,500円券がもらえる。
・クレジットカードで買える。
・宅配送料タダ!
・年に1回ぐらいキャンペーンがある(10%引きとか)。

タイミングが合えば、通常割引+キャンペーン割引の合体技で、9,000円で11,500円券がGETできます(約22%引き)。

一応、注意点は、赤、青、黄の3種類のカードがあり、該当する所でしかカードが使えないこと。

でも、多くは黄色なので、これだけ持っていれば、今のところ不便はないですね。

また、カード未対応の場所もあるので、対応色をしっかり見てくださいね。


人気blogランキングに参加しています。この記事が参考になったと思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

コインパーキングでクレカ払いの割合を高める節約術!(その1)

みなさん、中区とかへのお出かけって、どうしてます?

おっと、いきなり中区と言うと紛らわしいですね。

僕は、愛知県名古屋市在住なので、愛知県名古屋市中区のことです。

僕は、基本的に公共機関(とか自転車)を使うようにしています。

でも、子どもがまだ小さいのでどうしても車が必要なこともあります。

そんな時、少々費用がかかっても駐車場に停めるようにしています。

特に近年名古屋市は、民間の駐車監視員による取締りも始まり、とても青空駐車はできません。

たかだか目先の数百円のために、何万円も罰金を取られたら目も当てられません。

また、ゴールド免許でなくなるのも痛いです(反則点数2点)。

もしレッカー移動されてしまったら最低でも3万円の出費です。

<参考>
反則金(国庫へ) 15,000円
レッカー移動料金(愛知県交通安全協会へ) 14,000円
保管料金(150円/30分とか):駐車場へ突っ込まれます


3万円もあれば、1時間300円の駐車場を、なんと100時間も停められます。

こんなリスクを背負うくらいなら、駐車場を利用した方がいいと思いませんか?

僕は、精神的なストレスに耐えられません(^.^;)

さて、かなり脱線しましたが、本題です。

僕は、以下の「名鉄協商パーキング」を愛用しています。

名鉄協商パーキング → http://www.mkyosho.co.jp/parking/

長くなったので、続きます。


にほんブログ村に参加しています。この記事が参考になったと思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

口座振替をクレカ払いにするだけの節約術(その4)

どんどん行ってみましょう。

次は、自動車任意保険、自動車税、車検等の整備費ですか。

これらも、支払形態の可否について地域差が大きいです。ちなみに僕は名古屋市在住です。

・自動車任意保険:三井ダイレクト → クレカOK (我家は年間約2.5万円)

・自動車税:名古屋市 → クレカ×、Edy払いOK (我家は年間約0.8万円)

・車検等の整備費:ホンダ(ディーラー) → クレカOK (我家は年間約9万円)

年間合計約12万円也。


にほんブログ村に参加しています。この記事が参考になったと思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 21:48| Comment(0) | TrackBack(4) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

口座振替をクレカ払いにするだけの節約術(その3)

どんどん行ってみましょう。

次は、新聞購読費、有料放送受信料ですか。

これらも、支払形態の可否について地域差が大きいです。ちなみに僕は名古屋市在住です。

・新聞購読費:中日新聞(朝刊のみ) → クレカOK (我家は年間約3.6万円)

・有料放送受信料:NHK → クレカOK (我家は年間約1.5万円)


年間合計約5万円也。


【おまけ】
・新聞は、夕刊セット(3,925円/月)をやめました。これで、11,100円/年の節約。

・NHK受信料を口座振替(2,690円/2ヶ月)からクレカ払い(14,910円/年)に変更しました。これで、1,230円/年の節約。


人気blogランキングに参加しています。この記事が参考になったと思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

口座振替をクレカ払いにするだけの節約術(その2)

どんどん行ってみましょう。

次は、固定電話、携帯電話、インターネットですか。

これらも、支払形態の可否について地域差が大きいです。ちなみに僕は名古屋市在住です。

・固定電話:日本テレコム → クレカOK (我家は年間約3万円)

・携帯電話:au → クレカOK (我家は年間約7万円)

・インターネット:YahooBB → クレカOK (我家は年間約2万円)


年間合計約12万円也。

「携帯電話やめたら?」という声が聞こえてきそうですが、まさにその通りかも。

但し、今のところ僕は必要経費と割り切ってます。


人気blogランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

口座振替をクレカ払いにするだけの節約術(その1)

思い当たるところから順番に行ってみましょう。

まず、電気、ガス、水道ですか。

これらは、支払形態の可否について地域差が大きいです。ちなみに僕は名古屋市在住です。

・電気:中部電力 → クレカOK (我家は年間約18万円)

・ガス:東邦ガス → クレカOK (我家は年間約1万円)

・水道:名古屋市 → クレカ×、Edy払いOK (我家は年間約2万円)


年間合計約21万円也。

※電気代とガス代がアンバランスなのは、我家がオール電化なので。

水道代は、Edyでのコンビニ払いになるので、サークルKとかが日常生活のルート上に無いとチョット面倒くさいかもしれません。

しかし、今後、支払い一覧を作り始めると、逆にコンビニ払いできるものがないか気になってしょうがなくなるかも。 ← それは僕です(^.^;)


にほんブログ村に参加しています。この記事が参考になったと思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

クレカの使い過ぎが心配なあなたへStep1〜口座振替をクレカ払いにするだけの節約術〜

ポイント特典を受けるために出費が増えたら、もともこもありません。

ココは節約術のキーポイントです。

そこで、とりあえず現在口座振替になっている支払をクレジット払いに切り替えます。

はい、これだけです。

実生活では何も変わっていませんので、ムダな出費は増えませんよね?

実際のところ地域差とかありますので細かいところは今後、順を追って説明しようと思います。


人気blogランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

クレカ(クレジットカード)の誤解を解いて節約術に活用する(その2)

もしもクレカを「盗まれたりしたら大変!」と感じている方、

もしサイフ(現金)を落としたら・・・。と考えてみてください。

この場合は親切なひとが届けてくれるのを祈るしかありません。

しかし!ほとんどのクレカには救済措置があります。

それは「盗難保険」です。

これが付いていれば、悪用されても保険の範囲内であれば1円も払う必要がないんです。

とはいえ、何に使われるか分かりませんので、カードは肌身はなさず管理したいですね。

まあ、メインカードに集中してポイントを貯めていれば、何日も無くなったことに気がつかないなんてことはないと思いますが・・・。

(僕の場合は、ほとんど毎日使ってます。)

一応、なくした場合は、すぐにカード会社に電話してくださいね。

そうすればカードの利用を止められるので一安心できます。

但し、Edy機能を追加している場合は、Edyチャージ分が保証されないので紛失にはくれぐれも注意してくださいね。


にほんブログ村に参加しています。この記事が参考になったと思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 19:08| Comment(1) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

クレカ(クレジットカード)の誤解を解いて節約術に活用する(その1)

以前、クレカ払いの割合を増やす方法として、ブースターパック(笑)を紹介しました。

しかし、そもそもクレカって大丈夫なの?という疑問がどこからともなくわいてきます。

・実は高額な手数料がかかるのでは?
・無駄に使いそう
・盗まれて使われたりしたら大変!

僕は元々「超現金主義者」でしたので、クレカを初めて持ったのはサラリーマンになった時(当時24歳)だったと思います。

当時の不安を思い起こしながら、メリットとデメリットを見ていきましょう。


まず、「高額な手数料がかかるのでは?」についてですが、

「一括払い」の場合、利用者には手数料も金利も一切かかりません。

しかも、クレジット会社から「ポイント(特典)」までもらえます。

これは、利用者にとって「いいことだらけのシステム(メリット)」ですね。


それなら、クレジットカード会社はどうして儲かるのか(@.@)?

実は、利用者がクレカ払いすると、販売店からクレジット会社へ約3%の手数料が入ります。

その儲けた分でクレジット会社は利用者へ「ポイント特典」として還元しています。

え?じゃあ、販売店が損しているのかな?

いえいえ、そんなはずはありません。ここ重要なのでメモしてくださいね(笑)

クレジットカード加盟店のメリット

→ 客単価アップで売上増加:カード払いは現金払いよりも売上金額がアップする傾向にあります!

そうです、販売店にとっては3%の手数料を払っても、それ以上の客単価上昇が魅力となっているのです。

ですから、カード一括払いの場合は全く手数料がかかりませんので、この点は安心していいと思います。

但し「無駄に使いそう」に関しては利用者のデメリットになります。

クレカを持つと財布が無限になったと錯覚される方は、細心の注意が必要ですね。


「盗まれたりしたら大変!」は、また明日。


有名ブログ☆ランキングに参加しています。この記事が参考になったと思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 00:46| Comment(0) | TrackBack(1) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

ブースターパック(笑)でクレカ払いの割合を高める節約術!(まとめ)

4回にわたって出てきた金券類ですが、実際に僕が購入している店舗(ネット購入)を一覧にしましたので、参考にして下さいね。

特に、近所にクレカ払いできる金券ショップなどがない場合、送料などの手数料を加味してもお得なケースがありますので、チャレンジしてみてください。

その1「会員割引日はギフト券を使う」
その4「書籍購入は図書カードを使う」

両方とも大阪にある「ワールドギフト」で購入できます。

http://www.worldgift.co.jp/

特定商取引法に基づく表示にあるように、サークルKサンクスなどの大手コンビニエンスストアで、「コンビニ決済」による支払いが可能です。

コンビニ決済の詳細についてはまた後日。


その2「コンビニはチケットFUNを使う」
その3「吉野家はジェフグルメカードを使う」

チケットFUNの詳細 → http://www.barclayvouchers.com/c-fun/
ジェフグルメカードの詳細 → http://www.jfcard.co.jp/

両方とも「NIFTY額割ドットコムスタンダード」で購入できます。

http://www.nifty.com/gakuwari/

現在、「額割ドットコム」では新規入会受付は行なっていないとのことです。

・・・が、@nifty経由の会員だと無料で入会できます。

http://www.nifty.com/cs/

但し、@nifty会員でない場合、@niftyと額割ドットコムの2箇所に会員登録が必要になります。

僕も2箇所に登録しましたが、登録情報は少ないので10分ぐらいあれば両方とも登録できると思います。

こちらは、直接クレカ払いOKです。


にほんブログ村に参加しています。この記事で節約できそうと思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

ブースターパック(笑)でクレカ払いの割合を高める節約術!(その4)

昨日に引き続き、地道だけど僕がやってるブースター(笑)についてお話ししましょう。

「書籍購入は図書カードを使う」

ネット利用者であれば、アマゾンとかで直接クレカ払いが可能です。

しかし、僕もそうですが、なかなか送料無料になる1,500円分がまとめられない。

どっちかいうと、ふら〜と本屋に行って980円ぐらい買っちゃいます。

僕のところは妻もそんな感じなので、書籍代は現金払いでした。

しかし、もうお分かりですね。

そうです、図書カードをクレカ払い対応の金券ショップ等でGETします。

これで、書籍代のほとんどは間接的にクレカ払いとなり、クレカ払いの割合を高めることができます。


人気blogランキングに参加しています。この記事で節約できそうと思われた方にクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

ブースターパック(笑)でクレカ払いの割合を高める節約術!(その3)

昨日に引き続き、地道だけど僕がやってるブースター(笑)についてお話ししましょう。

「吉野家はジェフグルメカードを使う」

実際には、クレカが使えないけどちょくちょく行くお店が他にもあります。

ここではとりあえず「吉野家」の例を見てみましょう。

※ジェフグルメカードの額面は500円です。有効期限なし、お釣りも出ます。

なので、豚丼の並盛り330円に対し、ジェフグルメカード1枚で170円のお釣り(現金)ということになります。

そのため330円しか使っていないのに、500円分のクレカ払いという計算になります。

当然、豚あいがけカレー並盛り440円に、生野菜サラダ90円を付けて530円なら、ジェフグルメカード2枚で470円のお釣り(現金)ということになります。

先ほど同様に530円しか使っていないのに、1,000円分のクレカ払いとなります。

で、この金券もクレカ払い対応の金券ショップ等でGETします。

ご自分の定番店がジェフグルメカードに対応しているなら、それなりの威力を発揮すると思いますよ。


にほんブログ村に参加しています。この記事で節約できそうと思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

ブースターパック(笑)でクレカ払いの割合を高める節約術!(その2)

昨日に引き続き、地道だけど僕がやってるブースター(笑)についてお話ししましょう。

「コンビニはチケットFUNを使う」

実際には、自分の周りのコンビニ状況等により対応が異なります。

僕の場合は以下の通りです。

[主に利用している店舗]
・サークルKサンクス:クレカOK(1000円とか2000円ならチケットFUN)

[最近利用が増えてきた店舗]
・セブンイレブン:チケットFUN

[あまり利用していない店舗]
・ローソン:クレカOK
・ミニストップ:クレカOK (但し、割引はイオンカード支払いでのみ)

[利用を避けてる店舗]
・ファミリーマート:クレカ×、チケットFUN× (専用カード(ファミマカード)のみ)

本当は、コンビニを使わないことが節約だと思います。

しかし、悲しいかな忙しいサラリーマンは時間を買うために今日もコンビニにかよいます。

なので、せめてコンビニを使う場合は、クレカ(金券)払いとします。

で、この金券はクレカ払い対応の金券ショップ等でGETします。

これで、最近利用の増えてきたセブンでも間接的にクレカ払いとなり、クレカ払いの割合を高めることができました。

※チケットFUNの利用制限:6ヶ月期限、お釣りなし。

チケットFUNは、有効期限があり、お釣りが出ないので、利用には少し注意が必要ですね。


人気blogランキングに参加しています。この記事で節約できそうと思われた方にクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 12:54| Comment(0) | TrackBack(1) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

ブースターパック(笑)でクレカ払いの割合を高める節約術!(その1)

普通に暮らしながら節約するには、どんな方法を使うにしろ、クレカ払いはキーポイントです。

また、1枚のカードに集中することも大切です。

ポイントには普通有効期限があるし(最大2年ぐらい)、換金できる単位が決まっていて(だいたい25万円以上)、おおむね1年間にどれだけ使えるかが重要になります。

で、地道だけど僕がやってるブースター(笑)についてお話ししましょう。

「会員割引日はギフト券を使う」
これは、クレカのポイントをどれか1枚に集中させようと思った時にぶつかる壁への対応策です。

(会員割引が5%であれば、これはきっちりいただきたいですね。)

通常、会員割引を受ける場合、その会員カード(クレカ)での支払いが必要になります。

(ユニーにしろ、イオンにしろ囲い込みが目的なので、あたり前とは思いますが・・・)

そんな時使えるのが、「会員カード提示による現金(商品券)払い」です。

もちろん現金で払ってはダメですよ。あくまでも商品券(VISAギフトカードとか)を使います。

(全店で確認したわけではありませんので、ご利用店で確認してくださいね)

で、この商品券はクレカ払い対応の金券ショップ等でGETします。

これで、会員割引の恩恵を受けながら、クレカ払いの割合を高めることができました。


にほんブログ村に参加しています。この記事で節約できそう思われた方がクリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

会員カードでポイントを貯める節約術!(つづき)

(昨日からのつづき)

結論を言います。節約金額は、27,000円(年間)

やり方を少し変えるだけで、5,000円が27,000円に化けます。しかもこれは最低水準での計算です。

還元額と還元率は、以下の通りです。

100万円の生活費(クレカ払い)で5,000円還元なら0.5%

140万円の生活費(クレカ払い)で27,000円還元なら1.9% ←クレカ払いの率も高まってます。

100万円の支払は、普通に生活して出て行くお金なので、USCカード払いの5,000円だって、十分な節約です。

しかし、もう少し手を加えることで節約効果を跳ね上げることができます。これは結構感動ものです。

そのポイントはこちら。





※別に海外に行かなくても大丈夫です。

※節約額27,000円は金券化によるもので、一番還元率の悪い場合で計算しています。


人気blogランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります!

posted by 節約サラリーマン at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

会員カードでポイントを貯める節約術!

まずは食費を全て会員カード(クレジットカード)で支払うと、どれぐらい節約になるか計算してみましょう。

USCカードの場合、ショッピングの利用1,000円につき1ポイントを獲得できます。

有効期限は1年から最長2年。

ポイントには有効期限がある場合が多いので、期限切れには注意したいですね。

それで、食費は47.4万円(昨年実績)なので474ポイントになります。

500ポイントに届いていないので、250ポイント分だけ交換して1,000円の節約ですね。

う〜ん、チョット納得いかない感じですね。

じゃあ、他のものもクレカ払いにしたらどうだろう?

詳しい内訳はまだありませんが、概ね年間100万円ぐらいはクレカ払いにできるかな?

となると100万円で1,000ポイント獲得!で、5,000円の節約!!(年間)


まずまず、納得の金額になったでしょうか。

・・・しかし!まだやれることがありましたと引っ張りながら、続きます。

[UCSカードの換算表]
点数  交換金額
250ポイント:1,000円
500ポイント:2,000円
750ポイント:3,000円
1,000ポイント:5,000円

※1,000点を超えると換算率がアップします。1,000点以降、200点ごとに1,000円増となります。


にほんブログ村に参加しています。この記事が参考になったと思われた方がクリック頂けると励みになります!

posted by 節約サラリーマン at 09:26| Comment(0) | TrackBack(1) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

会員カードを使った食費の節約術!

僕の住んでいる所は、幸いにも会員カードを発行していて食品が購入できる店舗がいくつかあります。

僕の使っているこれらのカード(クレジットカード)は、該当日に5%割引きしてもらえます。

どれも年会費無料!


アピタ・ユニー:UCSカードは毎月19日、20日

イオン・マックスバリュー:AEONカードは「イオンお客様感謝デー」毎月20日、30日

ダイエー:OMCカードは「ご優待デー」毎月第2、第4日曜日





もう少し細かい特典もありますが、とりあえずこれでどれぐらい節約できるか試算してみましょう。

[試算条件]

・買い物は毎週土曜か日曜のどちらかで行ない、月4回とする。
・月に1回は5%割引き日で購入する。
・金額は昨年実績で1回当り1万円とする(月4万円、年48万円)。

割引きなし→(1万円×4回          )×12ヶ月=48.0万円
割引きあり→(1万円×3回+1万円×0.95×1回)×12ヶ月=47.4万円


年間節約額 →→→ 結果は、6,000円!!


人気blogランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります!
posted by 節約サラリーマン at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クレカで節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。